Blog

カナダの飲酒と喫煙

1.成人年齢

成人になってからできることの一つに、お酒が飲めることを挙げる方が多いのではないでしょうか。カナダでは日本より1歳から2歳早く飲酒と喫煙が解禁ですが、州によって成人年齢が異なります。

お酒

19歳:ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州、ニューファンドランド州、サスカチュワン州、ラブラドール州、プリンスエドワードアイランド州、ヌナブト準州、ノースウェスト準州、ユーコン準州

18歳:アルバータ州、マニトバ州、ケベック州

たばこ

19歳:ブリティッシュコロンビア州、オンタリオ州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州、ニューファンドランド州、ラブラドール州プリンスエドワードアイランド州、ヌナブト準州

18歳:アルバータ州、マニトバ州、ケベック州、サスカチュワン州、ケベック州、ノースウェスト準州、ユーコン準州

このように、留学生の失敗習慣は意外と知らないうちにしてしまっているものです。
では、なぜそうなってしまうのか?
カナダのワーキングホリデーを例にその実態を紹介します。

2.飲酒に関するルール

ケベック州を除き、公共の場での飲酒のみならず、ふたが開いている缶、瓶のお酒を所持しているだけで違法になります。
また、バーなどでお酒を飲むとき、IDの確認をされることがほとんどです。
スーパーでお酒が売られていることもなく、リカーストアでのみお酒が買えます。ここでも身分証明書の提示をしなければなりません。

3.喫煙に関するルール

一般的なルールとしては、屋内の公共の場での喫煙は禁止されています。野外では、ドアから数メートル以上(州によって異なる)離れての喫煙か、指定された場所でのみの喫煙が可能です。多くのコンドミニアムやアパートでも喫煙が禁止されていることが多いです。
タバコの購入方法ですが、セブンイレブンなどのコンビニエンスストアで購入する方が多いようです。こちらもIDの提示を求められます。

海外での娯楽は、その国のルールを知ったうえでするようにしましょう。