Blog

カナダでのインターンシップについて!

そもそもインターンシップとは?

インターンシップとは、大学生や社会人が短期から長期で参加できる職業体験プログラムを指しています。
日本では大学生が、就職前に実際の仕事現場を体験する、実践的なスキルを身につける目的が有名かもしれませんが、海外のインターンシップでは日本で社会人を経験した方でも、海外での就業経験を得るために、インターンシッププログラムを活用しています。

特に海外では、日本のように新卒採用は無く、スキルがある人材を採用していくスタイルなので、インターンシップへの参加も、日本での就業経験があると有利になってきます。

インターンとアルバイトとの違いは何?

ここは多くの方が疑問に思っていることかと思いますが、ズバリ「目的」が違います!
アルバイトの場合、お金を稼ぐことが目的の大部分!もちろん海外でのアルバイトは英語力向上にもつながりますが、アルバイトにできる範囲の仕事のみ。マニュアルに沿った、マニュアルの範囲の仕事をして行く形になります。

一方のインターンシップでは、目的は「経験」「スキルアップ」です!
海外での就業経験はもちろん、ホテル、観光、飲食等のサービス業での仕事を目指している方であれば、ホスピタリティ英語を身につけることができます。
また、金融、IT、小売、メーカーなどの業界での仕事を目指している方であれば、ビジネス(オフィス系)インターンシップにて、就業経験を身につけたいと考えている方が多いです。

しかし、インターンシップの場合はアルバイトのように給料が必ずしも支払われるわけではありません。
参加者は就業経験を身につけることができる変わりに、数週間無給で働く場合があります。

リゾート地でのインターンシップであれば、9割の企業がインターン生に対して給料が支払われますが、特にビジネスインターンの場合は、最初の数ヶ月はトレーニング期間として無給で働き、成果や働き方が評価されれば、有給のインターンシップ生としてレベルアップすることができます。

カナダでのインターンシップの種類

カナダでのインターンシップは大きく分けて2つに分かれています!
それが、カナダの有名リゾート地で働くことができるホスピタリティインターンシップと、
オフィスでの就業経験を得ることができるビジネスインターンシップです。

ホスピタリティインターン

リゾート地の企業で働けるこちらのインターンは、冒頭でも説明した通り、ホテル、観光、飲食等のサービス業で活かせる、ホスピタリティ英語を身につけることができます。
職種は、ホテル内のフロントデスク、ベルパーソン、ルームアテンダント、ハウスキーパー、レストラン内でのサーバー、キッチンスタッフ、お土産ショップでのスタッフ等、英語力に応じて様々な種類の仕事に就くことができます。

ビジネスインターン

オフィスでの就業経験を積みたい場合は、ビジネスインターンシップです。
金融、貿易、IT、メーカー、アパレル、小売など、事務作業からマネージャーのアシスタント業務などオフィスで必要となりビジネス英語を身につけることができます。
しかしビジネスインターンシップへの参加は、ハードルが高く、日本での就業経験や、高い英語力を求められるため、挑戦する場合は持って、準備が必要になるでしょう。

PDIでできるカナダでのインターンシッププログラム

インターンプログラムに含まれるサービスの内容

  • インターンシップ先の提供(各企業との面接の手配)
  • インターンシップ中の生活サポート
  • インターンシップ修了証の発行
  • 日本での就業サポート(弊社で連携している日本の就職エージェントと日本での就職サポート/※希望者のみ)

ぜひカナダでのインターンシップに挑戦して、レベルアップしていってください!