Blog

病院事情について紹介!!

最近一気に寒くなりましたよね!風邪気味という方も多いのでは?

そんな中、異国の地で病院に行くのって不安です!そこで今回はそうなった場合不安になりそうなことを解決できたらと、紹介していきます!

海外保険でどこまでいける?

まず、カナダへ入国する際、海外保険に入ってないと入国を許可されません。そのため、カナダへ留学、旅行できている方は何らかの保険に入っていることを前提として、紹介しますね!

そもそも、カナダで受けられる医療機関のどこまで保険で補われるのか、というと基本的に全て保証されます。(インフルエンザの予防接種など)

しかし、歯科治療に関しては、保険によっては保証されないということもあります。歯科治療に関しては持病という扱いになるからです。

長期で海外滞在を考えている方は多少高くても入っておくことをお勧めします。

海外保険、日本とカナダどちらで加入するべき?

日本で保険に加入する場合、その保険には盗難や物の損失、医療を含めて、1年で2,30万円ほどすると思います。では海外ではどうでしょう。

カナダの医療保険だけだと、最小1年で10万円弱になります。これは希望する保険料(負担される料金)によって異なりますが、日本よりは安く感じます。しかし、日本の保険の場合、盗難や破損などに対する保険も含まれているので、それを考えると、どちらをとっても同じくらいですね。

カナダで治療を受ける際の裏技!!

日本からの旅行者の多い都市では、日本語の医療通訳サービスがあります。

医療通訳サービスを使うとこんな特典が!

・通訳

・病院の手配

・送り迎え

・キャッスレス対応 など

治療に関わる全てをサポートしてもらえます。日本の海外旅行保険に加入していれば、自己負担は0円でこのサービスを受けられるので、安心ですね!

このサービスをしている病院としては、mainland clinic が有名です。場所もイエールタウンというオシャレな街にあり、安心していくことができますね!

病院へ行く際に必要な物?

・パスポート

・保険契約書

・現金(一応です)

・メモ用紙(症状、いつからなど事前に記入しておくといいです)

これだけあれば大丈夫!どんな症状(風邪・肌荒れ・ものもらい・耳が痛い・妊娠したかも、など)でもまずはウォークインクリニックへ行ってください。

そこでその医師が必要と判断した場合に、専門医(眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、婦人科など)への紹介状が送られます。

まとめ

病気にかかった時やけがをしたときは、調べている時間がないかも知れません。なので早めに住んでいる町のもし何かあったときに行くための病院は事前に調べておきましょう!